2020年02月03日

野球スパイク 縫P

おはようございます。

野球スパイクに関しては、ブロックソールやつま先部分が補強してある為、縫Pができないシューズの多く発売されていますし、今後はさらに多くの加工不可(もしくは難しい)スパイクが出てきます。


そんな縫Pですが、加工に関して色々と融通を効かせることが可能です。

コバ金の有無は勿論、皮革をグラブレザーにしてみたり、紐部分をカバーしたりなど、今回は一部紹介をします。


asdfadsfdsf.jpeg

こちら、靴紐の3つ目のみ紐を通しています。

また、赤丸の部分は、一針分のみカバー側に縫製することで捲れにくいようになります。

気持ち程度ですが、もし要望があれば2.3針分も可能です。

カバーが捲れにくい代わりに靴紐の交換が容易ではなくなりますが、もし必要なら依頼時に相談ください。


あとは、皮革にかんしては私がカットしていますので、サイズも自由に指定いただけます。

縫Pの目的は、交換可能な部分補強ですので、依頼の際は、どこが良く摩耗するのかを教えてください。

箇所によっては、コバ金不要であったり、別の補強方法があるので、より合った提案も可能です。


また、縫Pの皮革に刺繍も可能ですので、例えば赤いグラブレザーにネームや番号も、、、

なかなかイメージがつかないと思うので、また時間があれば作成してみます。

それでは、

  ザスポヨシオカhttp://www.zaspo.net/index.html 
posted by ざすぽ at 09:43| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

ATOMS展示会

昨日ATOMS展示会の大阪会場に行ってきました。

ATOMSでは、いくつかのブランドを擁しており、それぞれが明確なコンセプトでブランド展開をしています。

tikai.jpeg

写真は、展示されていたグラブの一部ですが、注目すべきは「どなたでも入場できる」事です。

実際、現場には高校球児もいましたし、展示会自体は、デザインTシャツやソックス・サッカースパイク・コーヒー豆など、特別野球に限定していない各社が参加しています。

最近始まった取り組みですが、徐々に来客数は伸びているそうです。


私個人としては、グラブ・スパイク修理に関して職人や他ショップの修理師と意見交換ができるメリットもあり、また、「これから」な提案も面白く聞くことができました。


2017年スタートの新ブランド「Yell-story」

image1.jpeg

内野愛なグラブです(ミット・野手用はありません)
ハリ感があり、徐々に手になじむ革でしっかりとした作りになっています。




創立2019年の「THANK」(サンク)です。

image1asd.jpeg


ソウルオリンピック出場(プリンスホテル)の後、日ハム・近鉄で活躍し、コーチ・監督歴もある中島氏のブランド
佐賀牛の皮革「Gabaiレザー」を使用したグラブは、高品質で非常にしっかりとした皮革です。
こちらは全ポジションのラインナップがあります。


ほか、言わずと知れたラグデリオン・トレジャー・CHIKAI等も最新カタログを貰ってきましたので、来店の際は是非ご覧ください!
もちろんYell・THANKもカタログあります。

お渡しは出来ませんが、これから間違いなく広まっていくブランド、是非注目ください。
posted by ざすぽ at 14:53| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

グラブレザー 修理以外の用途も?


こんばんは。

今回は、作業中の為に完結しませんが、、、

こちら、修理用に用意のあるグラブレザーです。
0101011.jpeg

もちろん硬式用で、各色ございます。

その中でも、修理用にするには微妙な皮革を選択しております。

じゃぁ廃棄かと思えば、実はとある依頼によって使用をします。

現在作成中のため写真はありませんが、そのうち完成品を載せたいと思います。
posted by ざすぽ at 19:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする