2018年02月25日

LOUISVILLE SLUGGER入荷しました。

先日、LOUISVILLE SLUGGERのバッグ・バットケースが入荷しました。

image003.JPG

ドラム型のバッグで、両サイドと正面にポケットがついており、全てチャック式となっております。

サイズも小さめ(Jr向け)ですので、自転車カゴにもスッポリと入るバッグになります。


また、天面にフックが付いていますので、どこかに引っ掛けて置けるのも特徴です
(下写真の赤バッグ参照)
image002.JPG

カラーバリエーションは全3色。

特徴的なロゴ、シンプルながらも存在感があります。




つづいてバットケース。

こちらはJr用の1本入れの商品です。
image001.JPG

写真では少し判りにくいかも知れませんが、ロゴ・文字は刺繍です。

印刷では出せない立体感、実際にみると顕著に違いを実感できるかと思います。



今回はLOUISVILLE SLUGGERの紹介でした。
特にバットケースは、実際に見て触れる事をオススメします。

http://zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 13:30| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

MAQ 紹介 (まだ発売してません)

こんにちは。

前回に続き、野球の数値化の話題です。

maq1.jpg
ミズノより発売予定のMAQ{マキュウ}です。


ご存知の方も多いと思いますが、こちらはピッチャーの投球情報を数値化する商品です。

この商品で得られる情報は3つ、回転数・回転軸・速度です。

これらの情報を専用のアプリケーションにてデータの蓄積及び分析が可能です。


商品としては、硬式球と同じ皮革に重量・サイズはもちろん、慣性モーメントまでも同等です。

縫い糸は、硬式球よりも磨耗に強いケブラー糸が採用されています。
 ケブラー糸:ピッチングマシーン用の硬式球に採用されている縫い糸

違うのは、中心材が精密機器になっていることです。

精密機器ではありますが、130km/h相当を3000球試験した後でも正常に動作することが確認されています。

精度に関しても「トラックマン同等の回転数算出精度」ですので、信用のあるデータが期待できます。


気になる値段ですが、こちらは確定していないため、想定価格はありますが伏せさせて頂きます。
 想定でも良いので知りたい方はHPよりメールで問合せ頂ければ返信いたします。


使用方法としては、現時点でいくつかあります。

 まず球質向上のためにデータを蓄積する。
自身の回転数を把握することで、よりイメージを明確にし、目標を持ってトレーニングが期待できます。
例えば、同じ球種でも回転数にバラつきがあるのか無いのか等で、トレーニングの方針や目標を調整する必要が出てくるかもしれません。

 コンディションの確認
毎月の決まった日にデータを蓄積することで、回転数のキレや数値のバラつきからコンディションを確認することが期待されます。
特に重要な試合前などに、最終確認としてデータを取ることで選手自身のモチベーションにつながる事も期待できます。

 モチベーションの維持
毎日の練習の成果の一端が数値として表示されることで、投手のモチベーション維持はもちろん、個人目標を明確にできることが期待されます。
信頼のおける数値を把握し明確にイメージすることは、トレーニング効果をさらに高めることになります。

 スカウティング
スカウトマンの重要なアイテムとしても活用できます。
数値化により、今後の発展が期待できる選手の発見や、データでもってスカウト判断が可能となります。
聞いた話なので定かではありませんが、高校野球でも中学生のスカウトに、、、もしかしたら有り得ない話ではないかもしれません。。。

以上が使用目的として言われていることですが、今後のデータ分析によりさらに多くの情報を得られる可能性があります。
投手につきものの故障、その前の兆候がデータから読み取れると野球が大きく変わるかもしれません..


最後に、HPではお知らせしましたが、販売時期は延期になています。

ミズノカタログにも2018年春とありますが、現時点で7月頃とのこと。
すでに購入予定の企業・学校は多くありますが、お目にかかるのはまだ先になりそうです。

http://zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 11:20| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

SwingTracer.スイングトレーサー紹介

こんにちは。

今日は新製品ではありませんが、面白い商品があるので紹介をします。

ミズノから発売しているSwingTracer。

B7E856AC-29E3-4686-A81E-80873BD8F8E2.jpg
写真はミズノ野球カタログです。


こちら、バットに装着する事でバットスイング時の各情報を数値化する商品です。

項目は8つ

①スイング時間
②回転半径
③ヘッドスピード(MAX時
④ヘッドスピード(インパクト時
⑤ヘッド角度
⑥インパクト加速度
⑦ローリング
⑧スイング軌道

となります。
詳細…は文字通りの情報になります

計測は、専用のアプリがありますので登録をした上で計測器と連動します。

あとは振る(計測)→評価の流れです。


もちろんiPhone、iPad、Androidに対応しております。


スイングトレーサー1台に対して連動は1台ですが、連動を外せば別の携帯からログイン→計測可能です。



こちらが専用ページになります。


そして、このタイミングで紹介した大きな理由は、今まで有料だったサーバー使用料金が無償化が決定しております。

月額がなくなれば初期投資のみで計測が可能になります。

HPには4/25からとなっておりますので、今までサーバー使用料金で悩んでいた方には朗報かと思います。


バットのスイング情報の数値化…しかも一振りで多くの情報を得られるのであれば、使い方によっては大きなメリットになると思います。

さらに情報の数値化関連で、今度はボールが発売されます。

多くの方がご存知かと思いますが、こちらもミズノから発売『MAQ』まきゅー。です

こちらは発売前ですが、そろそろですので多くの情報がでてます。

次回は、こちらの紹介をします。
posted by ざすぽ at 16:55| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする