2018年07月30日

野球グラブ 修理

こんにちは。

今回は、野球グラブの修理紹介します。


症状
 捕球面の破れ
 ウェブの破れ
 土手部の革紐断裂

image1 (3).jpeg
捕球面から背面にかけて破れています。

image1 (2).jpeg
1箇所は完全に破れており、もう1箇所も時間の問題になっています。

ウェブに関しては、破れのある箇所を切り取ります。
デザインの刺繍糸を切り、グラブレザーをはさみこんで再刺繍します。


ポイントは裁断したレザーを漉いて、刺繍した箇所が盛り上がらないようにします。
もう1つ、デザインを崩すわけにはいかないので、元々刺繍糸が通っていた穴に再刺繍を施します。

image1 (5).jpeg
こちらが再刺繍直後です。
再刺繍の際に新たな穴を増やしてしまうと、ウェブ自体の耐久性が下がりますので、ここは一針づつしっかりと縫います。


次は捕球面です。
こちらは、グラブレザーを内側から貼って、破れ箇所をしっかりと閉じた状態で縫いこみます。

破れ箇所+αのサイズを縫うので、縫いこみサイズが穴より大きくなります。
また今後、すぐ隣の箇所が破れてしまうと、当て革(内側から張った革)が重なるため、非常に大きなデメリットになっていしまいます。

そのため、磨耗した箇所まで糸を通しておきます。
もちろん当て革は[破れ箇所以外]を包丁で漉いて薄ーーくします。

image1 (4).jpeg
こちらが、補修後です。


ハミダシを横断して破れていた為、ズレないように、且つ破れ箇所を閉じて縫いこみました。

ここがズレテしまうと、使用していく過程でシワが発生してしまい、新たな破れを誘発するリスクがありますし、なにより使用感が変わる恐れがあります。


自分の型になったグラブを使い続ける為に修理に出すのに、補修時のズレで違和感が発生したのであれば全く意味が無いので。


最後にグリスを補充して、革紐で閉じたら完了、、、ではありません。

最後は当て革や新調した革紐を木槌で叩きます。

補修部の画像から分かるように、当て革により硬さがでてしまっています。

なので最後は、依頼時の型に近づけるためにグラブを揉みます。


ちなみに、革紐の継続使用を希望された為、切れてしまった革紐以外はなるべく新調せずに使用しました。

以上で、今回の修理は完了です。


ちなみにですが、修理時に革紐を全て新調するお店さんもあります。
全ては知りませんが、基本新調すると考えたほうが良いかと思います。

ご依頼の場合、なるべく今の革紐を使いたいとの希望であれば、相談・依頼時に確認しましょう。

以上です。
今後、要望や時間があれば、修理の細かい記事を書くかもしれません。

それでは。   http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 10:40| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

asics 商品入荷

こんにちは。


本日はasics入荷しましたので、紹介です。


aaaa.jpeg

野球用のトレーニングシューズです。
2色展開で、写真から分かるように、作りがしっかりしております。

その分、重さのあるシューズになっておりますが、トレーニングを目的にしているシューズですので、軽量よりはクッション性や耐久性を重視したのではないかと勝手に解釈しています。



aa.jpeg

野球バッグです。
シンプルでありながら、存在感のあるロゴが特徴です。
大きさも程よく、使い回しのよい商品です。




dfsaa.jpg

軟式用グラブで、少年用です。
こちらの特徴は「タテトジ」であることです。
正確には、小指側がヨコトジの様相ですので、mizunoのタテトジとは違いますが、、

既製品が「ヨコトジダブル」が多い中、このグラブはタテ方向の芯スタイルを採用しており、土手部がしっかりする特徴があります。
軟式ボールが、J号になることで大きくなりますので、これから野球を始めるお子さんには、土手部のしっかりしたグラブはメリットがあるかと思います。


もちろん、ジュニア用だけあり柔らかさもあります。

それでも気になる方はご相談ください。
手もみはもちろん、スチーマーもあります。


また、捕球面で破れの多い箇所に革紐が通っていることで、耐久性も上がっております。
1本の革紐ですが、これが非常に効果のあるポイントになります。


http://www.zaspo.net/index.html

posted by ざすぽ at 16:31| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

野球グラブ メンテナンス

こんにちは。

本日2度目の記事になりますが、今回は野球グラブに関して

以前にチラホラ問い合わせを頂いておりました「グリス補充」に関して、グリスを入荷しましたので

報告を兼ねて紹介をします。


グリスとは?
 正確には、アタッチメントグリス(グリース)と言いまして、接着を目的とした油性の半固体物質です。
 あまり製品として取り扱っているお店さんは少ないかと思います(当店でも製品として陳列はしておりません)

この、なんかネバヌルした接着剤で受球面と平裏革(手のひらが触れる皮革)をくっつけている訳ですが、使用するうちに減少していきます。


減少すると、目的の接着効果が薄れますので、皮革が浮いて型崩れや捕球時の違和感につながります。


方法としては、ご自身で作業を行うかお店に依頼するどちらかになります。

当店では、現在グリスが潤沢にありますので、ご依頼いただければ私が作業いたします。


もちろん野球メーカーの工場から直接手配した専用グリスです。



手順は簡単で、土手部・トジの紐を解き、以前のグリスが砂等で固まっている可能性が高いので除去します。

捕球部分にグリスを塗布したら再度土手部を閉じます。

最後に捕球部を叩いてならします。

以上ですが、紐の状態により交換が必要ですので、自信がなければ相談ください。



image1aa.jpeg

写真左の赤ラインが解く革紐になります(グラブの場合)
仮に革紐の交換が必要ですと、2本分の革紐を使用します。

写真右は、補給面と平裏を開いたイメージです
(左グラブとは別の、私の練習用グラブです)
黄色い皮革が見えますが、破れ修理の箇所ですのでスルーしてください。

補給面にあたる白いツブ?がグリスを塗布すべき箇所です。


因みにグリスですが
image1d.jpeg

こちらです。


当店の場合ですと、紐がまだ使用できるのであれば丁寧に解いて再度使用しますので、グリス代金のみでお受けします。
(受注時に革紐の新調かを確認します。状態により革紐交換が必要になる可能性があります)

頻度としては年に一度、もしくは捕球感で判断いただければと思います。

グローブは呼吸をしています。
手入れを充分にすれば、それだけプレーに出てきます。

グラブの定期診断をして、長く大切に使ってください。
    http://zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 17:00| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする