2019年03月24日

シューズ 修理依頼

こんにちは、今日は修理依頼のあったシューズを紹介します?

野球歴が長いと、グラブ・シューズの修理ができる事をご存知の方も多いと思います。

私がグラブ修理を習ったとき、真っ先に疑問に思った事が「(スポーツ店で)どこまでなら修理できるのか?」でした。

思い入れのあるグラブをせっかく持って来店されたのに修理不可なんてガッカリしてしまうかも知れませんし、、、

  といった心配は最初だけでした。


結論から言いますと「すべて修理可能」です。

もちろん道具と技術ある人が揃っての話ですが、野球により要修理となる場合は修理は可能です。


そうなると問題は「割にあうか?」となります。

例えば、セール8000円で購入したグラブ、破れ3箇所と全紐交換・グリス補充をすると、当店の場合13000円以上になります。

軟式グラブを新たに検討できます。

思い入れや購入後馴染むまでの時間も考慮する必要はありますが、判断は分かれるところになるかと思います。


さて本題のシューズですが、バッティングに使用していたシューズです。

同じフォームですので磨耗する箇所は限定的で、コバ金やP皮はつけていませんでした。

よって、先端は穴が開き、靴底も磨耗により消失していました。

縫Pの場合は、靴底を縫い込むので靴底が存在しないと不可になってしまいます。


が、無理矢理なら可能です。

結局、靴底があれば良いのですから、作ればいいんです。
image1a.jpeg

こんな感じです。

グラブレザーでもトコ革でもありません。



次に穴ですが、これを無視して縫Pしてしまうと、外からの砂は防げても、中から砂が侵入してしまいますので、履き心地が心配です。

ですので、縫P(小)とでも言いましょうか、とにかく穴だけ塞ぎます。

image1b.jpeg

パッとみて形が美しくないのは、靴底にトコ革を縫い込んでいないため、革が張れていない為です。


その後は、いつも通りの縫Pです。
image1c.jpeg

上からです。

先端だけ縫Pが二重になってますが、もともと厚い皮革ではないので違和感はありません。


image1d.jpeg

お客様も心配していた靴底です。

靴底に差し込んだ皮革にプラス2針ほど余分に縫い込む必要があったため、縫P面積が広くなりました。

さらにコバ金もしっかり付けて完成です。


いかがでしょうか?

穴が開こうが靴底が消失しようが、ご依頼があればなんとかします。

あくまでも修理ですので、新品同等の耐久性・パフォーマンスの保証はできませんが、修理前より使いやすく仕上げる事はできます。



最後に、修理は依頼するものとお考えの貴方、別の考え方もあります。

修理とは「相談した結果の選択肢」です。目に見えて破れているだけが修理対象ではありません。

日々のメンテによりグラブ寿命はもとより、道具としてのパフォーマンスも大きく差がでます。

修理をしているお店は、当然グラブの構造をしっかり把握していますので、グラブの状態が気になる時は相談してみましょう。

相談の結果、グリスが無くなっていたり、気がつかない箇所に断裂があったりする場合があります。

相談なら無料だと思いますので、活用してみては如何でしょうか?

それでは  http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 16:35| Comment(0) | 商品紹介@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

今年も怪我案件が発生しています

おはようございます。

前回につづき、スポーツ安全に関しての記事です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00010000-saitama-l11

大学生がフットサル大会中にケガを負った事故が先月発生しています。

上記のニュース記事に詳細があるのですが、スライディング時に剥離した床の木片が左臀部にささり一週間の入院となったそうです。


全治には1ヵ月ほどとなる今回の事故、スポーツ庁として全治30日以上は重大な事故との認識ですので、スポーツの安全に対する意識はより高くなることになりそうです。

が、このように実際に事故が発生しないと注目されないのは、私たちアドバイザーの努力不足もあるので、継続して認知を広めていくように行動します。


さて、今回の事故の紹介ですが、ポイントは「体育館には指定管理者があり、毎日の目視で状況点検をおこなっていた」ことに注目をします。

剥離した木片は〈幅75㎜長さ450㎜〉とのことですが、(毎日の点検を行っていたと仮定して)目視で確認できないのであれば、点検方法自体に問題があると言わざるを得ません。

我々アドバイザーとしても、メーカーや実際の事故案件からの情報を参考に点検項目を決定しているため、今後の事故を全て未然に防げると考えず、常に疑問をもって望む必要があると考えます。


スポーツ施設・備品には調達した組織があり、管理者が必ずいます。

床や支柱・ゴールポストなど、使用者からみて異変があれば遠慮なく管理者へ報告をお願いします。

目に見えるほどの異常は、重大な事故につながる可能性が極めて高いので、報告後は使用しない・近づかないようにしましょう。


  ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 11:08| Comment(0) | スポーツ用器具管理アドバイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする