2019年06月10日

スポーツ安全に関して

こんにちは。今回も以前から取り上げている安全に関して少しだけ記事にします。


高校野球連盟によりますと、部活動にて登録のある学生(野球部員)は全国で153184人(平成30年)とのこと。

そして、頭部事故は2000件以上らしいです。

全国の人数で割れば、数値的には低いとの見解を持つ方もいるかも知れませんが、「頭部」で2000件ということは、怪我自体はもっと発生していると考えられます。


昨年11月に熊本県の高校野球部の練習試合で頭部に打球(死球)が当たった学生が死亡しています。

じつは死球による死亡事故としては、記録にある限りでは1974年から3件目となるそうです(高野連のみで)


しかし、年間2000件以上もの頭部打球が死亡までは無くとも、何らかの後遺障害になる可能性も十分にありますので、やはり過剰なほど安全に気を使う必要があると思います。


ちなみに、部活動(小学校~高校)の事故で年間35万件ほど、うち頭部は12000件。

部活動中の死亡事故は10年で152件と、決して人事ではない数値になっています。



今回、軟式野球のボール規格が変更され、硬く・重くなっています。

熱中症などの自己管理と、チームとしての安全な運営が必須になります。


スポーツ小売店として、情報発信・商品紹介・事故発生の状況把握→注意喚起等、少しでも安全にスポーツが行えるようにしたいと思います。



    ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 18:01| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする