2020年03月26日

湯もみ、写真イメージ

こんにちは

先日の「湯もみ」に関して、写真に撮ってみました。

実際は、手に取っていただきたいのですが
写真でも、なんとなくは伝わらないかと思いまして


image1.jpeg


写真は左から

柔らかめ / 芯残し / 新品グラブ

となります。

因みに、ブラウンはボックス型で、オレンジは横トジです。



グラブに限った話ではありませんが、皮革は一度柔軟になると、元の硬さにするのは困難で、基本不可です。



型付けに関して、各店舗・職人によって様々な説明がなされますが、硬い→柔らかいの一方通行です。

私個人としては、よく「ダメージを与える」との説明をしています。


叩く・スチーム・湯もみ等々、アプローチを選択し、「希望の柔らかさ」を追求する。


選択として、与えるダメージの時間と程度によって湯もみや叩きがあります。

よって使用前にダメージが大きい=柔らかい程に、グラブの耐久性は落ちていきます。

もちろん、どの程度の柔らかさを耐久限界として感じるかは個人の感覚ですし、修理・補修によって本人が満足する程に調整できる可能性はありますが、、、


今回紹介の湯もみに関しては、ご存じの方が多いかと思いますが

グラブ全体をお湯につけるので、局所的に硬く・柔くは難しい方法です。

揉み込み叩く事で調整しますが、柔らかい箇所/柔らかくない箇所のイメージが実際に近いと思います。


もし湯もみを検討される際は、メリット・デメリットをきちんと聞いてみましょう。


今この時期にこそ、身体と道具のメンテをしっかり行い、来る日に備えましょう。

   ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 12:04| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする