2020年10月18日

筋力の話

こんにちは。

最近急に寒くなりました。
コロナ禍の運動不足に加え、余計に外に出るのが億劫になりそうです。。

当店、ブレスサーモなどの防寒ウェアは揃っております。
本格的に寒くなる前に是非お越しください。



さて今回は筋力について書きます。

といっても、もっとミクロな話になります。

先日書いた速筋・遅筋について、トレーニングによる割合変化が可能と書きましたが、基盤となる割合を調べるために遺伝子検査があります。

速筋繊維中にのみ存在しているACTN3(アクチニンスリー)と呼ばれる遺伝子を検査する事で

RR型 速筋型
RX型 バランス型
XX型 遅筋型

の3分類に分けられます。
→遺伝子の塩素配列がCかTかを、もっと言えばCが存在するかを確認します。

Cがあると速筋繊維で「α-アクチニン-3/たんぱく質」が作られやすいので、瞬発系の競技で高いパフォーマンスを発揮しやすいそうです。


また、遺伝特性によるトレーニング効率の研究も少ないながら進んでいます。

ソースの貼付けは控えますが、速筋型には高強度トレーニング、遅筋型には低強度トレーニングによる筋肥大を有意に確認されたそうです。
逆に、有意でないと結論に至った研究もあり、今後の研究結果に注視したいです。



以上は、遺伝子による筋力特性の確認方法です
しかし、その辺のスポーツ店で確認できるわけもなく、まだまだ身近にない遺伝子検査ですので、別の方法を紹介します。

①50m走のタイム計測

②12分間の走行距離

以上2点を計測します。


計算方法は

12分間の距離から秒速に換算します
 距離 ÷ 720(60*12) =秒速/m

50mタイム - 秒速/m =α

α × 69.8 に マイナス59.8 をすると 速筋の割合 が算出できます。

速筋割合 = -59.8 + 69.8 × (50mタイム ÷ 12分走の秒速)

50mが6.5秒、12分秒速が4.0mの場合、53.625%
50mが8.0秒、12分秒速が4.5mの場合、64.289%

です。

とある論文(平成元年発表)によると、鍛錬者郡での誤差が0.1-23.7%、非鍛錬者で誤差2.9-13.1%とのこと。

最初に紹介した遺伝子検査と違い、現時点での割合を簡易に把握できる方法なので、気になる方は一度確認してみても良いかと思います。

まとめると

遺伝子検査 遺伝的な速筋・遅筋タイプの確認が可能
      遺伝配列の確認であって、パフォーマンスを保証する事ではない
      トレーニング方法の選択に一理ある

簡易検査  50m走・12分走で簡単に知ることができる
      現時点での割合をイメージできるので、トレーニングや加齢等により変動する

です。

遺伝子検査結果は一生変わりませんが、やっているスポーツと検査結果があっていなくても落胆しないようにしましょう。
あくまでも傾向であり、パフォーマンスを支持しているのは筋力以外に血管・呼吸器・消化器・神経系など多くの要因が複雑に関わっています。

合っていれば自信をもつ。ぐらいがベストかと思います。


簡易検査も、現状の立ち位置確認ですので、トレーニングの方向性とモチベーション維持を目的にしましょう。


今回は以上です。

それでは。。   http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 13:26| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする