2017年11月11日

新軟式野球ボール M号 に関して。

以前から告知をしておりますが、再度確認という意味で記事にします。

ホイール式(ローター式)ピッチングマシンに関して、M号とA号・B号を混在させての使用は控えてください。
M号とA号はボールサイズは同じ72±0.5㎜ですが反発・圧縮面での数値が違いますので、コントロールが安定しない上、最悪事故になりかねません。

M・J号001.jpg

対応としては

①M号用のホイール(ローター)が販売となりますので、買い替えをします。
 1番スムーズなのは、購入した小売店へ問合せです。

②現行のピッチングマシンでのホイール(ローター)間隔の調整。
 これも購入した小売店で調整手配を依頼してください。(メーカーの技術者が調整します)

このどちらかで、一度M号設定に変更したら、逆にA号・B号の使用はできません。
また、原則ですが購入から3年経過したマシンは、ホイール自体の劣化が懸念されるため、M号用のホイール(ローター)の購入が必要です。

弊社HPでも※重要※として告知しております。
弊社HP内の告知画像よりリンクを張りました。一度ご確認願います。
http://zaspo.net/です。

尚、機種によって変更が出来ない可能性もあります。
間隔調整でM号に設定しても、次回M号用ホイール(ローター)を購入する際は、再度調整が必要になります。
さらに調整は有償となっておりますで、早い段階でM号用ホイール(ローター)への買い替えをオススメします。

最後に。他のピッチングマシン(アーム式・エアー式等)ですが、こちらも混在使用はコントロールが安定しませんので、ボールは混在しないようにしてください。
posted by ざすぽ at 11:33| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください