2019年03月11日

今年も怪我案件が発生しています

おはようございます。

前回につづき、スポーツ安全に関しての記事です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00010000-saitama-l11

大学生がフットサル大会中にケガを負った事故が先月発生しています。

上記のニュース記事に詳細があるのですが、スライディング時に剥離した床の木片が左臀部にささり一週間の入院となったそうです。


全治には1ヵ月ほどとなる今回の事故、スポーツ庁として全治30日以上は重大な事故との認識ですので、スポーツの安全に対する意識はより高くなることになりそうです。

が、このように実際に事故が発生しないと注目されないのは、私たちアドバイザーの努力不足もあるので、継続して認知を広めていくように行動します。


さて、今回の事故の紹介ですが、ポイントは「体育館には指定管理者があり、毎日の目視で状況点検をおこなっていた」ことに注目をします。

剥離した木片は〈幅75㎜長さ450㎜〉とのことですが、(毎日の点検を行っていたと仮定して)目視で確認できないのであれば、点検方法自体に問題があると言わざるを得ません。

我々アドバイザーとしても、メーカーや実際の事故案件からの情報を参考に点検項目を決定しているため、今後の事故を全て未然に防げると考えず、常に疑問をもって望む必要があると考えます。


スポーツ施設・備品には調達した組織があり、管理者が必ずいます。

床や支柱・ゴールポストなど、使用者からみて異変があれば遠慮なく管理者へ報告をお願いします。

目に見えるほどの異常は、重大な事故につながる可能性が極めて高いので、報告後は使用しない・近づかないようにしましょう。


  ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
【関連する記事】
posted by ざすぽ at 11:08| Comment(0) | スポーツ用器具管理アドバイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください