2019年05月24日

熱中症対策

こんにちは。

今回は、昨年も紹介した商品も含め、熱中症対策の紹介です。


さて、熱中症ですが、多くの方がご存知の通り気温と湿度がポイントになります。

よって、気温だけで判断をすると危険ですので、湿度もしっかりと把握できるようにしましょう。


今回紹介の商品は、クエン酸ドリンク「コンク」

F58440E0-4F92-45E5-9841-F8F4BE881756.jpg

昨年同様ですが、今年は今の時期から入荷しています。

簡単に説明をすると、脱水対策のためのドリンクです。

通常の飲料よりも身体への吸収スピードがはやく(低浸透圧)、発汗時に消耗するミネラル他を補給することができます。

また、希釈するので1本=27リットル分(通常希釈)というコスト面にも優れた商品です。


実際に私自身も飲んでいますが、いまは濃度を少し濃い目にして炭酸で希釈しています。

この濃度を自由に調整できる事もありがたく、また、コンク+炭酸+お酒でクエン酸サワーとなります。

もちろん焼酎+コンクでも美味しいです。


少しそれましたが、スポーツ以外の様々なシーンでも活躍します。




次に、スポーツを楽しむ上で必須になりつつある「温湿度計」の紹介です。

miha.png


大会だけでなく、普段の練習から使用する温湿度計。

画像の通り、必要な情報がシンプルに表示され、日差し下でも問題なく見ることができます。


また、熱中症指数になるとアラームがなるという機能まで付いていますので、ゲームが白熱してても確実に対策行動が取れます。


例えば、同じ地域のサッカー大会でも、土グラウンドと芝生グラウンドのそれぞれだと、より高湿度になる芝生の方だけ危険アラームがなる場合が有ります。

運用方法の一例として、コーチ数人がそれぞれ所持して、誰かのアラームがなった瞬間に練習を中断して給水タイムを設ける。などです。

もちろんコーチが1箇所にいたら効果は薄いのですが、とある場所の備え付け一台よりも、熱中症対策を意識できるので、より安全にスポーツが楽しめると思います。


今回は以上の2つを紹介となります。

スポーツはいろいろな種類があり、それこそ様々な場所で行われています。

屋内だから安心。まだ喉渇いてないから給水しない。など間違った情報・意識を改めて、楽しむための努力をお願いします。

   ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 14:10| Comment(0) | 商品紹介@機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください