2020年03月15日

野球グラブ 湯もみに関して

こんにちは

今日は「湯もみ」に関して少し書いてみます。

野球グラブ・ミットをお湯につけてから揉み込む作業を指し、柔らかくすることを目的に行われます。

グラブは皮革ですから、お湯につければ繊維が広がり、結果として柔らかくなります。

その柔らかいうちに叩き・揉込んで繊維を伸ばし、柔軟性を持たせます。

乾燥に関しては、乾燥機や自然乾燥など様々で、決まった方法はありません。


逆に、やろうと思えば自宅でもできます。


因みにですが、グラブを柔らかくする事は、繊維を伸ばすことで柔軟性を出すので、つまるところダメージを与える。という事です。

揉んでも叩いても、スチームでも湯もみでも、結局はダメージを与える手段になりますので、必要以上のダメージはグラブ自体の寿命を縮める行為とも考えられます。

実際、クタクタになったグラブの耐久性は高くはありません。


以上のことから、初めて湯もみを検討される場合は、メリット・デメリットをよく確認して下さい。


また、湯もみはクタクタになるイメージがある方は多いと思いますが、ザックリと硬さ調整ができます。

やるかどうかは各お店さんの判断ですが、当店の場合2つの硬式グラブを硬さ調整してサンプル展示しています。

①皮革の芯は残すイメージ、キャッチボールで自分の型を仕上げて下さい

②結構柔らかめにしました、2つ折りとまではいきませんが、どなたでも使用できるイメージです


実物は実際に手に取ってみてください。

当店では、湯もみ相談・依頼の際に担当者とよく話しあう必要があります。

一度柔らかくなった皮革を元に戻すことはできないので、電話や伝言での依頼は不可とさせていただきます。

また、持ち込みや軟式グラブでも対応は可能ですので、少しでも気になる場合はご相談ください。

   ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 16:25| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください