2020年10月15日

硬式ミット 改修

こんにちは

少し特殊な依頼がありましたので載せてみます。


硬式ミット、ハタケヤマですが「指芯をもっと薄くしてほしい」との要望を受けました。


全体pre.JPG
お預かり時の全体です。

薄さの明確な数値は無いため、大体の感じを確認し、とりあえず計測をして、修理後に比較できるように写真に収めます。


親指計測pre.JPG
左側:親指側の厚さ    右側:小指側の厚さ


あとは普段の修理同様、紐通しの各部分を写真に収め、要望以外の箇所も細かくチェックします。

今回は指芯を両側とも触るので、すべてバラします。

pre バラ.JPG
ミットは大きく3パーツ構成のため、上写真の様になっています。



さて、まずは親指側の芯材を薄くします。

指芯 親指厚さpre.JPG
写真の様に5層になっていますので、薄くしたい厚さにあった層であることはもちろん、完成後の使用イメージをしっかりと想定します。


まず、指芯の中身ですが、親指側のみプラプレートが入っています。

 プラはボールや無理に曲げる事で破損してしまう事があるので、割れていないかを必ずチェックします。
 因みにチェックは、バラさなくてもできます。 親指側の指芯を両手でもって、ゆっくりと曲げます。
 カリカリと音が確認できた場合、破損している可能性がありますので、修理をオススメします。

締めヒモは、再利用しますので丁寧に解いていきます。

今回は、薄くする要望の長さ(厚さ)と取去る指芯の厚さが合ってましたので、単純に一枚抜いて締めなおしました。

指芯 親指紐通し中.JPG

締めている途中の写真です。

新品ではないので、クセがついています。
勿論、クセに沿って違和感の無いように調整しつつ締めていきます。

指芯 親指紐通し後.JPG

完了です。
なるべく既存の針孔を使うように心がけていますが、厚さの変更により、糸の通りは当然変わります。
既存の曲がりも崩さない上で、しっかりと締めました。

指芯 親指post.JPG

薄くした指芯です。
4層になり、かなり薄くなった印象です。。


次回、小指側の指芯加工を載せます。

それでは。  http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 18:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください