2019年11月23日

グラブ型付け

こんばんは。
久々の更新でありますが、今日は以前から思っている&相談の多いグラブ型付けについて記事にしてみます。

軟式用のボールが硬く重くなったことで、M号・J号対応!のグラブが次々と発売されています。
また、初めから非常に柔らかいグラブも多く発売され、野球を始める方や久々に野球をされる方にはメリットのあるグラブも多くあります。

当店でもZETTをはじめ、柔らかいグラブが入荷しておりますので、少しでも興味があれば是非ご来店ください。
ジュニア・一般グラブ・ミットも一通り入荷していますので、手にとって驚いてください。

さて、型付けに関してですが、当店お買い上げのグラブ・ミットに関しては私が揉んで叩いて仕上げておりますが、最近は持ち込みでの相談を多くいただいています。

持ち込みに関しては、無料!とはいきませんが、納得いただくまでしっかりと仕上げますので、まずは相談いただければと思います。


このように記事にしたり、ネット検索をしてみると、いかにも職人技!みたいな書き方になってしまいますが、結局は個人が使用するモノであり、目指す究極は『素手の延長』です。

つまり、失敗しない意味でのベターは識っている人→職人であっても、最高の仕上がりと言う意味でのベストは、やはり自分自身で型付けをする必要があります。

細かく言うと、グラブは本革ですので使用環境等によって皮革がヘタったり伸びたりします。
少なくとも私は、指の関節の位置やグラブを閉じる角度など、限りなく近い箇所は把握できてもイコールにはなり得ません。


多くのお店では、購入グラブに関しては、手揉みや叩きまでは無料。との対応はして貰えると思います。
ここでオススメなのが、もう一つ踏み込んだ質問です。
「自分で型付けする方法はありますか?」
これだけです。

グラブハンマーの購入を勧められる事もあるかと思いますが、素手でも方法はありますので、なんなら購入前に聞いてみても良いかと思います。

多くのお店で型付けが行われていますが、揉んで良い箇所とダメな箇所はありますので、その辺をしっかりと聞き、各ステージ(年齢や使用環境)に合わせた方法を聞いてみてください。

当然ですが、我々はお客さんとの会話で情報を確認して返答しますので、時間に余裕のあるタイミングがよりオススメです。


因みにですが、私個人としては、お店での型付けをした上で個人的に仕上げる方法がよりベターと考えております。

また相談の際、今まで使っていたグラブを持って来ていただけると非常に助かります。
型付け精度はもちろん、使い込んだグラブから読み取れる情報はメモ用紙が必要な程多くありますので、、。


久々の更新で、少し長くなってしまいましたが、型付けに関して記事にしてみました。

グラブに関しては、買ってからが大切なので購入の際は是非相談と共に顔見知りのお店を見つけてください。

それでは。
posted by ざすぽ at 22:46| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

商品入荷

こんにちは。


本日はアンダーアーマーの入荷です。

ちょうど肌寒い時間帯がでてきた時期ですが、日中の暑さとの気温・湿度差で体調を崩すタイミングでもあります。

日中に使用するには熱すぎる、、しかしそれ位でないと夕方以降に肌寒い微妙な時期ですが、一気に寒くなることを考慮すると、裏起毛など防寒よりの商品がオススメです。


dふぁsdsふぁ.jpeg


はやくもインフルエンザが流行しかけています。

どんな優秀な選手も健康あってのパフォーマンスです、しっかりと防寒して安全に楽しく運動をしましょう!



余談ですが、この夏の様な酷暑は毎年のようにやってきます。

高校野球連盟はスパイクを白色OKにし、スポーツメーカーはハーフパンツスタイルの野球練習ズボンを来年発売します。

日本人の体格変化によって軟式野球のボール規格が変更されたように、環境変化によって既存のスポーツルールはどんどん変化していく事になります、いや変化しなければなりません。

今月から始まった増税にキャッシュレス還元、当店はPayPayが5%還元の対象ですので何とか対応は間に合っていますが、これらも含めて「これから加速度的」に変化が進んでいきます。

当店としても、変化には柔軟に対応し、これからも、質の高い情報を提供できるように努めてまいります。


また、スポーツパフォーマンスや道具等々、質問があれば随時受け付けております。

HPの問い合わせや電話・ご来店など気軽にいただければ、いつでも対応したします。

ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 17:19| Comment(0) | 商品紹介@アパレル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

キャッシュレス決済

久々の投稿です。

あれだけ暑かった日々も、徐々に涼しくなり、暗くなる時間も大分早くなってきました。


さて、今回はキャッシュレスの紹介です。


9月に入ったとたんに、増税後のキャッシュレス決済を紹介する番組が急激に増えましたが、皆様は使用しておりますか?

当店はいくつかのキャッシュレス決済に対応しておりますが、希望されるお客様はまだまだ少ない印象です。


簡単に説明すると、お会計の際に現金を出さずに決済を完了するシステムを指します。

これまではカード決済を利用していた方もいますが、QR決済は、スマホ一つで完了できるので、より簡単に早くなります
(カード払いもキャッシュレス決済です)


我々小売業にとってカードとの大きな違いは、(全てではないが)決済手数料及び振り込み手数料をゼロ負担で完了する点と、キャッシュレスのポイント還元キャンペーンが盛んに行われている事です。


これまでカード決済では、3%を超える手数料が発生していたので、最初から考慮して販売するか、カード払いを希望したお客様に手数料をご負担いただく事がありましたが、キャッシュレス決済では今のところ手数料ゼロですので、導入しやすい状況です。


また、さんざんテレビやラジオで報道されていますが、国が消費者還元事業としてキャッシュレス決済に対して5%のポイントバックを始めます。

注意が必要なのは、中小企業対象であることと申請していない企業は還元対象では無い事です。

image1.jpeg

写真は消費者還元事業の対象店舗を示す広告資料の一つです。

このほかにポスターや配布用のチラシもありますので、もし見かけたらチラシを持ち帰って一度検討いただくのがオススメです。


キャッシュレスはPayPay・楽天Pay・各種カード決済など非常に多くの種類があり、また、いくつかのキャッシュレスをまとめたキャッシュレス決済もある為、導入にあたっては、利用頻度の高い店舗で導入している決済と、企業の体力を含めてシェアの高い決済を検討する事が良いと思います。


因みに、よく聞かれる質問ですが、手数料取らずに消費者にポイント還元して企業は大丈夫なのか?に対しては、資金あるので大丈夫だと思いますよ。と答えています。

今回の5%は国の予算で数千億円が財源ですが、各社のポイントバックキャンペーンは自社予算から捻出ですから、有名なLINEPay・PayPay・楽天Pay等々、現時点でキャッシュレス収支は真っ赤です。

それでも行う理由はあるのですが、とにかく現在は利益を出すための機能は無く、常時+キャンペーンを行うほど資金を使っている状況です。


我々お店としても、国やキャッシュレス企業からポイントバックで還元されるので、過剰な値下げをせずともお客様へのメリットを提示できるし、各社条件はあるが、翌日振込みも可能であるため助かります。

逆に導入しないことで損をさせるとも取れるので、多くの小売店は導入しているはずです。


余談ですが、小売店の取引先が導入していれば、取引もキャッシュレスにしたほうがお得です。

今、こうして日本中に広まっていく直前ですので、時代の流れが大きく変わるタイミングかもしれません。


それでは。   ザスポ・ヨシオカ http://www.zaspo.net/index.html
posted by ざすぽ at 13:28| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする